スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作世界観とキャラまとめ②



今回は通称ロボ界のご紹介…
文字小さすぎて読めないかもしれないですねごめんなさい。
以下補足。


・さやか
13歳。
木戸さやか(きど さやか)。
一人称はわたし。小さい頃に母親を亡くして、父親に育てられた。
元気で明るい女の子。父親が悪の組織の人間であることは知らない。
辰央のことは難しいおじさんだと思っているが、初めてできた大人の友達ということで仲良くしたがっている。
賢寛のことは優しいおじさんだと思っている。

・ソール
5歳。
一人称はおれ。さやかの父に作られたロボット。自分のことはお手伝いロボだと思い込んでおり、実は戦闘用ロボットである事は全く知らなかった。
さやかとは兄弟のような感覚でいる。本当の兄弟のルーナのことはあんまり兄弟と思いたくないらしい。
ルーナの理屈っぽいところがあまり好きじゃない。
チェンハオのことはよくわからないが自分より歳下ということで弟ができた気分。

・辰央
35歳。
吾妻辰央(あがつま たつひさ)。
一人称は俺。どこで間違えたのか性格がかなり素直じゃない。人の言いなりには絶対になりたくないめんどくさい一匹狼。職業は一応彫刻家だが一部のファンを除きあんまり売れていないのでほぼ無職。そのうち花屋でバイトし始める。
さやかのことは鬱陶しいガキだと思っている。
賢寛とは幼馴染だが再開してからしばらく気がつかなかった。鬱陶しいおやじだと思っている。

・ルーナ
5歳。
一人称は私。辰央の家に突然宅急便でやってきた。
嫁が失踪して生活習慣が乱れがちな辰央の面倒を見てあげる。戦闘用ロボットであることは初めから自覚していた。辰央のことはマスターと呼んでいる。
世の中のことに興味津々で同い年のソールよりも知識量は膨大。対人間のときは敬語で話す。
ソールのことは子供っぽくてお調子者だと思っている。
チェンハオのことはソールと同様に弟ができた気分。勉強を教えてあげてる。

・賢寛
35歳。
九条賢寛(くじょう まさひろ)。
一人称は私/僕。社長でお金持ち。大きな洋風の屋敷に住んでいる。悪の組織に力を貸していたが裏切った。独身で男色家。小さい頃から辰央が好き。美術品を集めるのが好きで屋敷にコレクションしている。
さやかのことは可愛げのあるいい子だと思っている。
辰央には幸せになってもらいたいと思う反面やっぱり両思いになりたいとか葛藤してる。その葛藤も楽しんでる。

・チェンハオ
1歳。
一人称は自分。賢寛に造られて間もない。賢寛のエンジニアとしての腕はそんなに凄くないのでバグだらけに仕上がってしまった。
まだ言葉もろくに覚えておらず、あんまり喋れない。ルーナがいろんなことを教えてあげている。賢寛に造られたからか彼を父親だと思っている。

・ウェール
33歳。
森春子(もり はるこ)。
一人称は私。ウェールはコードネームのようなもの。悪の組織の幹部格だがよくウィールスと一緒に前線に出てくる。元は一般人で悪の組織によって拉致され洗脳された。記憶は消されているので拉致される前のことはすっかり覚えていない。さやかの父と親しい。
さやかたちと戦うたびにいろんな意味でなんかモヤモヤしている。

・ウィールス
30歳。
一人称は俺。本名は不明。生まれた時から組織の人間。軍人気質。実はボスの息子だが本人は知らない。ウェールの部下として働く。洗脳され組織の人間になったウェールの監視役でもある。
基本は銃を得意として戦っているが肉弾戦も得意。




本当はもっと裏設定的なものとかあるんですがどこまで晒していいのやら。

今までツイッターで呟いてきたのと矛盾点や違う点があるかもですがこれが決定版だと思ってください。
スポンサーサイト

創作キャラまとめ①-2

前回の創作のキャラ一人一人にちゃんと詳しく説明をつけてなかった上にめっちゃ見づらかったのでやり直し…(^.^)
画像に書いた説明プラスちょっとした付け足しという感じで。


・トキ(主人公)
18歳。
未来から過去の世界へやってきてしまった。歴史が好きで常に歴史の辞書を持ち歩いている。命より辞書みたいなところもある。ペンダントはミナトからもらった大粒なないろダイヤでかなり貴重。未来へ帰るための方法を探して旅をしている。
一人称は僕。びびりで引っ込み思案だがやるときはやる。興味のあることに関しては誰よりも一生懸命になれる。
未来人なので見えちゃいけないものが見えちゃったりしたりしなかったり…

・ドラド
17歳。
未来からやってきたトキが最初に出会った少年。トキと一緒に旅をしている。運動神経バツグンのできる子。よくトキを助けてあげる。
一人称は俺。勝負事が好きで負けず嫌い。人の挑発にはすぐ乗ってしまう。考えるよりも先に行動してしまう脳筋。
運動神経は良いが平和な国に育ったので戦いとかそういう殺伐としたことには向いてないので役に立たない時もある。

・サファイア
17歳。
ドラドの幼馴染で商人の娘。ドラドと同じ国出身だが家業が貿易商なのでいろんな国に行ったことがある。
一人称は私。活発な性格だが両親には厳しく躾けられているので礼儀作法をちゃんと心得ている。トキたちとは旅先で偶然出会ったりする。ドラドのことが好きでよくドラドにべたつきに行くが告白していないので鬱陶しがられる。

・シド
35歳。
国際警察官。バルビネラからの指令でトキたちを捕まえようと追いかけている。正義感のカタマリ。息子が一人いる。国際的な立場ではガイとは敵同士だがお互い志は同じなので戦いはさけている。
一人称は私/俺。滅多に俺とは言わない。思い込みが激しいめんどくさい人。警察官としてはかなり有能だが善悪をわきまえすぎて上官からは嫌われる。

・バルビネラ
40歳。
とある国の偉い人。良識で民のことを大事にするいい人だったはずなのに最近様子がおかしい。トキの珍しいペンダントを執拗に狙う敵。
一人称は私。どうやら誰かに操られているらしいけど誰だかはまだ秘密。操られていてもやっていいことと悪いことの限度はたまに思い出す。本当は正義感のあるすごくいい人。戦争孤児だったヘンルーダを拾って育てた。

・ヘンルーダ
25歳。
戦争で両親を亡くしたがバルビネラに拾われて育てられた。力持ちで無口。
一人称は自分/俺。自分の意思があるのか疑うくらい従順。主人のバルビネラの言うことは絶対。ブルウとは同郷で種族も同じだが接点はない。

・ブルウ
年齢不詳。
敵か味方かよくわからない。人から依頼を受けて盗みをする怪盗。ヘンルーダとは同郷で同じ種族、同じく孤児だった。変装が得意。
一人称は私/僕。背が小さいのがコンプレックスでヒールの高い靴を好んで履く。神出鬼没。トキたちの旅先でたまに現れるが偶然。優雅な暮らしを夢見ている。昼下がりにテラスで紅茶を飲むのが趣味。

・ガイ
永遠の38歳。
訳あって不老不死になった。とある国の反政府組織(自分らは勝手に国と名乗ってる)梁山湖の守り神的存在。不思議な力が使える。トキたちが梁山湖に来たのをきっかけに友達になる。トキたちが困った時には召喚する事ができる便利カード。超つよい。
一人称は俺。リアンとできてる。式もあげた。怪力でさらに不思議な力(超能力的なやつ)を手に入れちゃったチート。

・リアン
永遠の33歳。
梁山湖の軍師。いつも敬語。不老不死になったガイの後追いをした(※梁山湖の人たち的に不老不死は好ましくない。限りある命を大事にするという概念が根強くある という設定)。
一人称は私。前記事で書いたような気がするから省くけど人柱なので普通の人は彼が見えない。この世界で彼を見れるのはガイとトキのみ。頭はいいけどオンとオフの切り替えが上手なのでプライベートではかなり抜けてる。ガイさまって呼んだりする。

・ミナト
18歳。
トキの幼馴染で恋人。未来にいる。交通事故で足を悪くした。たびたびトキの夢の中に現れる。
一人称はわたし。未来でトキの帰りを待つ。物静かな女の子。頭はあんまり良くない…(天然とかそういうのじゃなく単に頭が悪い)。

創作世界観とキャラまとめ①

ついった創作垢にてフォロワさんとお話ししてたら、創作世界観をまとめて交流とかしたいな!と思ってきたので早速まとめました。


時旅間行(仮タイトル)
主人公のトキが過去の世界にタイムスリップしちゃう。
元の世界に帰る方法を探して、ドラドという少年と一緒に旅をする話。
大まかな話の流れとオチは決まってるんですがいつか漫画にしたいので伏せておく!

下のが主要キャラクターと簡易的相関


トキが首から下げているペンダントは、のちに重要なアイテムになっていく予定。
大粒のなないろダイヤのペンダントで、結構価値がある。
バルビネラがトキをはじめて見かけた時にそのペンダントを見て欲しくなり、譲ってくれるようお願いしてもダメだったので力ずくで奪い取ろうとしてくる。
バルビネラにあらぬ罪を着せられたおかげで世界的な指名手配人になってしまい、国際警察官のシドに追い回されながら旅をする羽目になってしまう…

とかなんとか書き出したら止まらなくなってきた!止める!

ガイとリアンは既視感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、前にもこのブログでも書いたような気がするけど創作水滸伝の晁蓋と呉用です。
ガイとリアンの設定はほぼ水滸伝と同じです。
違うのはファンタジー要素が入ってるところ…
梁山湖の要塞を外敵から守るために人柱を用意するという方法があり、人柱となった人は不老不死と要塞を守るための超能力を手に入れることができる。
ただし人柱は巨大ななないろダイヤの柱に封印されて自由に動くことができない。
なんやかんやあってガイが人柱になることを自分で選んで、柱に閉じ込められるんだけど、
永遠に生きたまま閉じ込められるのを防ぐために後からリアンも人柱に。
50年ずつ人柱の役割を果たすという約束で、トキがやってきた時代ではリアンが中にはいってる。
柱に閉じ込められてはいるけれど魂(というか意識?)だけ外に出ることはできるらしく、幽霊みたいな状態で要塞をふらついてる。
訳あってガイとトキはその姿を見ることができるけど、他の人は見れない。

とかいろいろ設定が。
ガイとリアンはホモップルです。
梁山湖はフリーダムな国だからみんな同性愛とか受け入れちゃうよ。


ブルウは敵か味方かよくわからない存在。
サファイアちゃんも上のに書いたのでほとんどなので特に言うことなし!←


また気が向いたら付け足したりキャラシ作ったりするかもしれないです

新しい子

新しいうちの子が増えたんですけど、
その前にキャラシやってみました。


さらにその前に世界観の説明…

主人公のさやかちゃん13歳がミニロボットのソールと一緒に生活したり戦ったりする話。
世界征服とか悪いことを企む悪の組織から世界を守る。
さやかちゃんのお父さんがその組織のエンジニアで、世界を守るために武器搭載の巨大化のできるミニロボットを2機開発し、さやかちゃんともう一人に預けて組織の企みを阻止しようとする。
明るくて元気なさやかちゃんとそのパートナーのロボットのソールと、過去になんかあったらしい常にイライラしてるおっさんとそのパートナーのロボットのルーナがなんやかんや力を合わせて頑張るよ。


で、キャラシを作ったのが辰央。



辰央的キャラ設定は
・35歳くらい
・嫁がいるけど失踪された
・趣味が彫刻
・刃物が苦手(のみとか彫刻刀は平気)

なんか我ながらぶっ飛んだ設定だけど
数いるうちの子たちの中では結構なお気に入りおっさん。


新しいうちの子は悪の組織に力を貸していた家電製品会社(裏では兵器メーカー)の社長、九条賢寛(くじょうまさひろ)。
父の代から組織との契約があるが、賢寛は組織の正体を知らないまま跡を継ぐ。
そのうち組織の正体と企みを知って組織との契約を破棄することを決めたが、すぐには切らずにしばらく組織のことを探る。
さやかちゃんのお父さんとは仲良しでエンジニアの勉強を教えてもらったり。




賢寛的キャラ設定は
・おホモだち
・小学生の頃辰央と同じ学校でよく二人で遊んでた
・辰央がすき
・一応エンジニア

どうしてこうなったのかって?
なんか急にホモっ子が欲しくなったからです。

賢寛の趣味として美術品の鑑賞があって、気に入ってた作家が実は辰央だったとかで運命を感じちゃったりしちゃうちょっとおバカなところもありそう。


辰央は嫁がいるからその気は全くないけど賢寛はガチだから気をつけなさい…



昨日はこの妄想が楽しすぎてほとんど原稿してません。やばい(^.^)

プロフィール

登坂がけ

Author:登坂がけ
GR(OVA・戸田)/キン肉/勇者(王・指令)/ニチアサ(主にスーパー戦隊)/ゲッターロボ(G・真)/無双シリーズ/横光三国志 その他諸々・・・ にどはまり。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
バナーリンク
水滸伝的部屋バナー 水滸展バナー
リンク
手ブロ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。